江戸時代初期の長崎街道を再現した九州佐賀県の歴史体験型テーマパーク

ご予約・お問い合わせはこちら
  • 電話番号:0954-43-1990
  • 営業時間:9:00?~17:00
肥前夢街道からメルマガをお届けします!
お得な情報、楽しい情報てんこ盛り!
メルマガの内容を見る

メルマガの送信先メールアドレスを入力してください。

よくあるご質問

facebookページ

夢街道かわら版

肥前夢街道の様子を動画を中心にお届けします!

 «  2010  2011  2012  2013  2014  2015  (20162017  2018 »
新聞 2016.03.29
伊賀・甲賀からも"援軍" 嬉野 忍者だらけ(佐賀新聞)
Check     

2016年3月28日(月)佐賀新聞朝刊に「伊賀・甲賀からも"援軍" 嬉野忍者だらけでござる」
と題した記事が大きく掲載されました!!

忍者をテーマにしたイベント「第1回忍者フェスタ」が26、27の両日、嬉野市嬉野町であった。市内の忍者村「肥前夢街道」のほか、忍者を観光資源として生かす三重県伊賀市や滋賀県甲賀市からも忍者が駆けつけ、忍術を競技化した大会を街中で開くなど、家族連れらが楽しんだ。

27日は伊賀市と甲賀市、肥前夢街道で活躍する忍者たちが吹き矢や手裏剣打ちで競う大会が温泉公園であり、子どもたちが声援を送った。家族連れは貸し出し用の忍者服におもちゃの刀でポーズをとる子どもを写真に収めたり、手裏剣打ち大会に参加して楽しんだ。

肥前夢街道が事務局を務めるNPO「九州忍者保存協会」と嬉野温泉商店街組合が共同で開いた。昨年、3市や佐賀県などを含む「日本忍者協議会」が結成され、忍者を観光資源に生かす動きが高まっていることもあり、伊賀・甲賀からも“援軍”が駆けつけた。

福岡県宗像市から家族で訪れた久住優茉(くすみゆま)さん(9)と帆叶(ほのか)ちゃん(5)は、「忍者が大好き。佐賀の忍者が活躍していてカッコ良かった」と大興奮。伊賀忍者として参加した伊賀上野観光協会の安田聡志さん(36)は、「伊賀でも十数年前は市民の関心が薄かった。忍者を目的に観光客が来ていることを見せるのが大事」と成功の秘訣を語った。

(ネット記事は以下のURLから)
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/294052